本の導(しるべ)

弱みにかける時間がもったいない

いつもMAMAYOカフェにお越しいただきありがとうございます、マスターのヤグナです!
今回の”本のしるべ”のコーナーでは、誰でも持っている「弱み」の扱いについて、本田直之さん著作『パーソナル・マーケティング』よりヒントを得ながら考えてみます。

弱みは誰だってある

私にもたくさん弱みがあります。自分でなんとかしようとして助けを求められないこと、物忘れ、体力のなさ、継続性のなさ、面倒くさがりや…あげればキリがないですわ(´Д` )

どんなにすごく見える人だって、弱みを持ってるはずです。だって、強みと弱みはコインの表と裏のようなもんですから。

なんでも器用にこなす人は、苦労しないである程度できるようになれる…なれてしまう。だから、忍耐力はつかないかもしれませんね。

最高のプレーヤーは最高の指導者になることは少ないですね。最高のプレーヤーは自分を高めることに関しては一流でも、自分を高めたい気持ちが邪魔をして他人を伸ばすことをためらったりするかもしれません。

その立場やタイミングによって、同じ特性でも、強みになったり弱みになったりするものですから面白いものです。

弱みよりも強みを伸ばす

さて、自分の弱みってすごい気になりますよね!私も前までは弱みが恥ずかしくて恥ずかしくて、なんとか消そう消そうと努力していたときがありました。

でも、弱みって面白いほど伸びないんですよね( ̄ー ̄)

まぁだからこそ、弱みというんでしょうけどね。本田直之さんは『パーソナル・マーケティング』の中でこうおっしゃっています。

“苦手なことを必死に直そうとしても時間がもったいない”
引用元:『パーソナル・マーケティング』本田直之

だって伸びないんだもん。得意なことって得意だから好きになりますよね。好きになるからもっとやってさらにうまくなれます。

が、弱い分野は自分の意志で頑張らないと、動いてくれません。たとえば、勉強しよ!って思うのとゲームやろ!じゃ全然気分が違うじゃないですか?

「じゃゲームやろ!」と言われたら困りものですが…いやでも、ゲームやりまくった先に人々を幸せにする目標があるならいいか。せいぜいやってみい!って感じですね。

やりたくないことはやらなくていい?

違います。

誰だって最初から強みがあるわけじゃなくて、ある程度本気で取り組んだ時に見えてくるものです。だから、最初は嫌なものも頑張ってみる!それである程度知識や経験をつんだけどイマイチぱっとしないなら、すっぱり諦めてもいんじゃない?ということですね。

あなたが弱いと思ってるということは、その分強いだれかがいるってことですよね。弱いところは強い人にまかせればいいんです。

※画像クリックでAmazonへ


 


まったりと自分のペースで生きる

仕事、友達、勉強、恋人、、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります。

私ヤグナは振り回されない自分を作り「・マイペース・余裕(=ままよ)」を持って生きる方法を研究するをやっています。

ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

※相談や愚痴もお気軽にどうぞ! まったりお使いください。解除も自由です

最新記事をスマホに通知します
※PCでは表示できません