まったり朗読実況

♯11【風立ちぬ】自殺はいけないのか?

風立ちぬ朗読実況11回目

あらすじ…真夏、サナトリウムの患者が増えだしたが、節子と主人公は変わらず2人の時を過ごす。苦しみと安らぎを共にしながら、寝苦しい夜に訪れる発作の連鎖に不安をかられる毎日であった。

風立ちぬ朗読実況

※初見朗読実況です。漢字の読み間違いや、聞きにくい部分はご容赦ください。新鮮な気持ちで一緒に読んでいきたいと思うので、一緒に楽しみましょう!

話の流れ

サナトリウムで1番重症だった男が亡くなったようだった。院長の言葉が頭をよぎる「院でも2番目くらいに悪い」…次はもしかしたら。

だが、次は節子ではなかった。他の患者が裏の雑木林の中で亡くなったのだ。どうやら自死らしい。

よかった節子じゃなかった…本来ならありえない異常な形での安堵が主人公を包む。夏も終わりの9月の末ごろの話だった。

自殺はいけないのか?

自殺はしちゃいけない。
まぁ、これが一般論でしょうね。
でも私は少し違う考えを持っています。

人間にはどうにかできることと、
どうにもできないことがあります。
例えば、一部の病気はどうしようもない。

どうにかできるのに自殺はもったいない。
でも、どうにかできない時は…
私には自殺を否定することはできない。

私はその人の苦しみを知っていました。
その人はきっと私たちの苦しみを知っていたでしょう。
もう休んでもいいよ。

やること全てやったら、逃げていい。
ただただ、不自由な体から解き放たれて、
向こうで幸せであるのを願うばかりです。

ただし、やれることから目をそらして死に逃げるのは反則ですけどね!


まったりと自分のペースで生きる

仕事、友達、勉強、恋人、家族、ダイエット…人生のすべての悩みを解決するためには、「振り回されない自分」を作る必要があります。

私ヤグナは振り回されない自分を作り「まったり・マイペース・余裕(=ままよ)」を持って生きる方法を研究するままよカフェをやっています。

ままよカフェの日々の研究や活動内容をLINEの「ままよ通信」でお届けしているので、興味がある方はもうままよカフェのメンバーの一員です。

※相談や愚痴もお気軽にどうぞ! まったりお使いください。解除も自由です

最新記事をスマホに通知します
※PCでは表示できません